給排水設備 各種 配管補修及び更新


東京都推進の受水槽撤去及び直結化工事の相談もお受けしています!

※予算内は東京都水道局が増径工事費を負担して工事を行ってくれますが、昨今の各種対策費で2021年度は

    予算が付かないことが考えられますので、2020年度内の申請をお勧めします。

配水管更新の実例


配水管などの水廻り (配水管内視鏡)

調査名称:パイプスペース内配管内視鏡調査

 

建  物:マンション築30年

 

所在地 :千葉県市川市

 

 

 

【 調 査 報 告 】

 

水道メーター2次側で内視鏡調査実施

 

2部屋だけ判断すると、錆びによる腐食がかなり進んでいるため早めの交換をお薦めします。

 

配管内錆コブ状況

 

A:全くない

 

B:25%錆状況

 

C:50%錆状況

 

D:75%錆状況

 

 

 

 

総合判定:D

 


防水工事


“塗らない”、“貼らない”

最新工法は“浸み込ませる”

浸み込んで固める「エバープロロング」はコンクリート改質材による新しい維持保全方法です。

エバープロロングの特徴

①コンクリートの劣化抑制塩害・中性化・凍結融解等に強い

②ひび割れ閉塞性/微細なひび割れに対し、エバープロロングが反応してゲルを形成し、クラックを閉塞させる。

③施工性/コンクリート表面に噴霧器で散布するだけであり、既存の建物にも施工が可能。

④防水性/コンクリート表面が緻密になる為、防水性能が向上する。

⑤環境・安全性/無色透明・無臭・毒性無し・不燃。躯体表面が露出している為構造物表面を目視しやすく、点検が容易。

⑥コスト/初期コストが低い・コンクリート自体を改質し、劣化を抑える為、維持保全費用が低減できる。

エバープロロング工法と他工法の比較表

株式会社アスモ・テクノサービス

〒165-0026 

東京都中野区新井2-7-13  南国ビル1階

TEL:03-5318-0309

FAX:03-5318-0310